室内工事で快適な住宅空間を手に入れよう

窓ガラスや設備

窓ガラスからも熱は逃げる

横浜でも、冬ともなると各家庭において暖房器具の使用が盛んになります。しかし、暖房器具をせっかく使っていても、窓が開いていては部屋が暖まることはありません。そんな経験は横浜でも、よくあることです。暖房器具を使うとき窓を閉めればよいのですが、実は窓を閉めても熱は逃げていくのです。それは他の場所からではなくガラスからも逃げていくのです。 それは、夏場に70パーセント、冬場に50パーセントと、ばかにならない数字です。 そこでリフォームすることにより、この逃げていく熱を激減させることができます。方法は窓ガラスを変えるか、サッシそのものを断熱サッシに変えるかです。そうすることにより熱効率が良くなり光熱費の節約になります。

省エネの窓に変えるメリット

横浜は比較的、暖かい地域ですが、それでも冬になると暖房器具の必要性を感じます。リフォームで窓を変えることにより、熱効率が良くなり省エネになりますから、家計も大いに助かります。 最近の物価高で横浜にお住まいの方も苦労していますが、リフォームするだけで光熱費を大幅に減らすことができます。 確かに一時的にはリフォームの代金がかかりますが、長い目で見ると大変お得な投資と言えるでしょう。 同時に暖房器具の劣化も防げるので一挙両得です。しかし、くれぐれも注意していただきたいのは、石油を使用する暖房器具の場合、こまめな換気が必要となる点です。いくら熱を防ぐと言っても、換気を忘れると重大な事故につながりますので注意が必要です。

住宅の耐用年数

住宅の耐用年数を知ることは非常に大事です。この耐用年数が過ぎてしまうと住宅としての機能を果たせなくなることもあり、危険が生じることもあります。状況に合わせたリフォームを行う必要があるでしょう。

詳細を確認する

サッシで結露を防ぐ

結露のせいでカビが発生することはよくあることです。しかしこの結露の原因はサッシであることが多く、個人的に解決できるものではありません。サッシを交換する必要があり、専門業者に依頼することになります。

詳細を確認する

引っ越しでの取り付け

場合によっては引越し先にエアコンを持っていく方もいます。この場合購入したての時とは違って、エアコンの取り付けの仕方が変わってきます。そうなった場合にどうしたら良いのかを見ていきます。

詳細を確認する

必要に応じて

昔から多くの場所で手すりは利用されてきましたが、今後は高齢化社会に伴って手すりの機能性も大切になっていきます。今後も一般社会と手すりの関わりは注目されていくと言われています。

詳細を確認する

プロに任せる

エアコンクリーニングをする上で気になるのは、やはり価格でしょう。一台にどれくらいの金額がかかるのかで、頼む業者も異なってくるかもしれません。自宅や会社で快適に過ごすためには、エアコンクリーニングは欠かせません。

詳細を確認する

オススメリンク